股旅社中デザイン競技会

股旅社中が行う1 年に1 回のイベント、「股旅社中デザイン競技会」に初出場しました。
今回の競技会のテーマは、「親子で使う家具・道具・造作」で、硬質フェルトという素材を使用することが条件付けら、 10 社10 組がそれぞれのデザイン案を発表しました。

大瀧建築の作品は、「ズロッカー」。ランドセルが置ける可動性のある小さなリビング棚で、 小学生のいる家庭で、子供が子供部屋にとじこもらずに、 リビングで親の目の届くところで宿題をしたり遊んだりする時間を生み出すために考えたものです。 残念ながら一等賞は獲れませんでしたが、小学生のいるご家庭の実際の家づくりから発案したもので、 そのリアリティやこの家具があった場合の効果は審査員にも評価されたものと思っています。

コンペ形式で切磋琢磨する競争心と、なにより新しいことを考えるつくり出す行動ができたことを成果だった思い、 これからの家づくりに生かしていきたいと思います。